イモトアヤコがエベレストに挑戦!すでに登山家?実は美人! | 速ネタどっとこむ

イモトアヤコがエベレストに挑戦!すでに登山家?実は美人!

Sponsored Link

154-imotoayako1お笑いタレントのイモトアヤコさんが

世界の果てまでイッテQ!』の企画、

エベレスト登山に向けて出発したことを

8日のブログで報告しています。

昨年はヒマラヤ・マナスルの登頂に

成功しているイモトさんですが、

エベレスト登頂は成功するのでしょうか。

 

 

プロフィール

 

イモトアヤコ(いもと あやこ)

本名 井本絢子
生年月日 1986年1月12日
出身地  鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)
血液型 O型
身長 153㎝(但し本人は158㎝と主張)
中学時代は陸上部に所属し、鳥取県の大会で100m走6位の
成績を残しています。

ワタナベエンターテイメント所属

珍獣ハンターとして有名。

2004年、文教大学に進学、在学中の3年生のときにWCS3期生として
入所し、芸能界デビュー。

フォーリンラブ以前のバービーと「東京ホルモン娘」というコンビを
組んでいた時期があり、2006年にM-1グランプリに出場しています。

イモトさんが『世界の果てまでイッテQ』のオーディションに合格し、
バービーさんとのコンビは解消したそうです。

 

珍獣ハンター

 

現在では珍獣ハンターとしてすっかり有名ですが、
珍獣ハンターとなったきっかけは、2007年11月に放送された、
『世界の果てまでイッテQ』の珍獣ハンターオーディションで、
持ち前の俊足を生かし、50m先の珍獣くんのぬいぐるみを
ゲットするというオーディションに見事合格したことだそうです。

珍獣ハンターとしての最初の仕事は、みなさんも一度は
テレビでご覧になったことがあると思いますが、
巨大トカゲ・コモドドラゴンに追いかえられるというものでした。

生肉を縛ったロープを腰にくくりつけて、追いかけてくる
コモドドラゴンから全速力で逃げ切った姿は大変迫力が
ありましたよね。

154-imotoayako2

この放送がきっかけで、イモトさんの名前が広く知られることに
なります。

 

実は美人?

 

ぶっとい眉毛がトレードマークとなっているイモトさんですが、
実は素顔はとても美人だと言われています。

というのも、イモトさんは鳥取県立米子西高校3年生の時の
学園祭で、ミスコンテストグランプリを獲得しています。

同時に、劇の主演女優賞や、エンターテイナー賞など数々の
賞を受賞したといいます。

それではぶっとい眉毛じゃないイモトさんをご覧ください。

154-imotoayako3

きれいですよね。ミスコンでグランプリになるだけあります。

ところでイモトさんは意外な資格をもっています。
2011年にユーキャンの通信講座で調剤薬局事務の資格を
取得しています。

仕事でもいろんなことに挑戦するイモトさんですが、
ほんとうに多方面にわたってチャレンジャーなんだなぁと思います。

 

既に登山家?

 

このたび世界最高峰とよばれるエベレストに挑戦することになった
イモトさんですが、イモトさんが初めて登山に成功したのは
やはり「イッテQ」の企画で、5年前にキリマンジャロに登頂しています。

2009年に『イッテQ!登山部』が誕生し、そこからイモトさんの
挑戦が始まりました。

一昨年には標高4478メートルのマッターホルン登頂に成功し、
さらに昨年には標高8163メートルのヒマラヤ・マナスルも制覇。

154-imotoayako4

次々と世界的の山を制覇するイモトさんの身体能力の
高さが評判になっています。

今回のエベレストも無事登頂するのではとすでに成功を
見越した声が挙がっています。

ただ、周りからは否定的な声も聞こえており、
「芸人にそこまでさせるか?」
「芸人の域を超えている」
などの声も挙がっています。

ネット上でも、賛否両論の声があり、
「絶対エベレストのぼって欲しい」
「イモトならできる!」
といった応援の声がある一方で、
「バラエティでやる内容じゃない」
「命の危険があることはやめてほしい」
「万一、何かあったらどうするんだ」
といった心配の声も数多く挙がっています。

また、売れっ子で忙しいイモトさんなので、今回も準備期間が
あまりとれていなかったと思われ、登頂を不安視する声も
聞かれます。

番組としてはイモトさん登頂成功のために、プロのスタッフ陣を揃え、
万全の態勢でチャレンジするようですが、やはりイモトさんは
もともとお笑い芸人であり、プロの登山家ではないので心配は
ありますよね。

 

今回のエベレスト登山ですが、やはりイモトさんのことを一番に考え
絶対に無理のないように進めて欲しいですね。
無事登頂に成功するのが一番良いのでしょうが、無理なときは
番組の視聴率がどうのこうのと考えず、潔く引き返す
決断もあってもいいと思います。

とにかく無事に帰ってきてほしいですね。

 

Sponsored Link

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 速ネタどっとこむ

速ネタどっとこむ TOP » エンタメ » イモトアヤコがエベレストに挑戦!すでに登山家?実は美人!