「ガキ使」もBPO審議へ!「明日ママ」、過去にまゆゆの頭ケリも! | 速ネタどっとこむ

「ガキ使」もBPO審議へ!「明日ママ」、過去にまゆゆの頭ケリも!

Sponsored Link

122-bpo11月にスタートした「明日ママがいない

の内容が問題になり、BPO審議会

かけられることになりましたが、

それに続き、大晦日に放送された

ガキの使い」も、放送上の問題が

あったとしてBPOの審査対象

なることが明らかになりました。

 

 

BPOとは?

 

BPOとは最近よく聞く言葉ですよね。
いったい何をするところなの?と疑問に思う方も多いと思います。

BPOとは放送倫理・番組向上機構のことで、
NHKと民間放送が出資して、政府に番組内容に介入させないように、
自分たちで放送倫理を遵守するために設立した第三者機関です。

「放送倫理検証委員会」「放送人権委員会」「青少年委員会」の
3つの委員会があり、放送倫理違反が疑われる番組放送について、
弁護士や学者などからなる委員が検証を行います。

強制力はありませんが、BPOの決断は放送局にとっては、
裁判の判決と同じ意味をもちます。

 

ガキ使の問題点

 

BPOの「放送と青少年に関する委員会」は3日までに、
昨年大みそかに放送された日本テレビのバラエティ番組
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」のスペシャル特番
「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」を
審議対象にすることを決めました。

問題になった場面は、
「お笑い芸人がロケット花火をお尻で受け止める」
「芸人のお尻に注射器で粉を入れ、他の芸人の顔を近づけて
噴射させる」
などで、委員から「放送基準に照らし問題があるのではないか」
などの意見が出たといいます。

実際視聴者からも「観ていて不愉快だった」「下品だった」
などの声もあがっており、笑いをとるためにやりすぎた感が
あったのかと思われます。

 

明日ママ

 

今年に入ってからは同じく日本テレビのドラマ、
「明日ママがいない」も問題になっており、
先日になりBPOに審議申し立てされました。

ドラマは第一話放送途中からすでに問題になり、
赤ちゃんポストに預けられた主人公のあだ名が「ポスト」
だったり、施設が子どもに泣く練習をさせる場面など、
日本では一か所しかない赤ちゃんポストをもつ
慈恵病院(熊本市)が、再三にわたってドラマの放送中止や、
内容の改善などを日本テレビに要求していたにも関わらず
改善されなかったためBPOに審議申し立てを要求しています。

このドラマはさらに問題があり、児童養護施設の施設長が
子供をペットにたとえたり、泣く真似をするまで食事をあたえなかったりと
養護施設に対して誤解をあたえるような場面も問題になっています。

これを観た子供が養護施設に通う子供に学校で、
「お前もこんな生活してるのか」などと言われたりして、
子供が大きく傷つくなどの被害が出ており、
また、番組を観た後で自傷行為を起こす被害も出ていると
いいます。

慈恵病院や養護施設団体、里親の会などが再三にわたり
番組内容変更や放送中止の要求に、強気な姿勢で
「最後まで放送する」としていた日本テレビに対し、
とうとうBPOの審議会が介入する形になりそうです。

 

まゆゆ頭蹴り事件

 

昨年の夏にフジテレビで放送された、
FNS27時間テレビ内での「爆裂お父さん」のコーナーでも
問題場面があったとして、BPOが介入したのは記憶に新しいと
思います。

これはゲストに来ていたアイドルグループAKB48のメンバーを
ジャイアントスイングという技でスカートの中が丸見えになるほど
振り回したり、土下座していた渡辺麻友さんの頭を蹴ったとして、
お父さん役の加藤浩次さんに非難が相次ぎました。

ネット上はもちろん炎上状態になり、
「バラエティでもやりすぎ!」
「暴力行為であり観ていて不快」
「加藤浩次死ね」
など視聴者にかなり不快な思いをさせたとして話題になりました。

この問題はバラエティ番組ということで賛否両論ありましたが、
やはり、アイドルの女の子が土下座している頭を蹴るという行為が
問題になったようで、BPO審査にかかることになりました。

 

この問題に対してBPOの判決は既に出ており、
「(視聴者は)ジャイアントスイング前後のシーンに、
これが当然でおもしろいと感じる文脈を見つけられませんでした」
とした上で、BPOは「爆烈お父さ ん、女性芸人、女性アイドル
グループの三つ巴の面白さになっていない」
「人間の顔を足で踏むことは人間の尊厳に関わる行為で、
さらに不快感を増大させたと 思われます」
との判断をしました。

 

BPOは過去にもテレビの報道の仕方に関与しており、
古くは「大津のいじめ自殺事件」の報道のしかた、
「山口県光市の母子殺人事件差戻控訴審放送」、
「割りばし事件」の報道なども審議対象になったことがありました。

 

メディアは不特定多数の人が観ることをよく考えて
番組作り、または報道の仕方に気を付けなければ
ならないと思います。

視聴率が取れればいい!という考えだけで報道して
ほしくないですね。

 

Sponsored Link

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 速ネタどっとこむ

速ネタどっとこむ TOP » エンタメ » 「ガキ使」もBPO審議へ!「明日ママ」、過去にまゆゆの頭ケリも!