デヴィ夫人の平手打ち事件は誰が悪い?夫人?女性?TBS? | 速ネタどっとこむ

デヴィ夫人の平手打ち事件は誰が悪い?夫人?女性?TBS?

Sponsored Link

111-deviタレントのデヴィ夫人

番組収録中に一般女性に

3回も平手打ちをしたことが

問題になっています。

女性は被害届を出しており、

現在警察はデヴィ夫人を

暴行容疑で捜査しています。

 

 

平手打ち事件は今月9日、TBSのバラエティ番組
奥様はモンスター2』の収録中に起きました。

デヴィ夫人に暴言を吐いたとされる女性が、デヴィ夫人に
3回も平手打ちをされたそうです。

女性はデヴィ夫人に暴行されたとして、警視庁成城署に
被害届を出し、同署は15日に被害届を受理しました。

 

この問題に対し、当初のネットの反応では、デヴィ夫人に
非難の声が殺到しており、
「素人に手をだすのは最低」
「いつまで女王様気分でいるの」
「口で言えないから手がでたんだろうな」
「早くテレビから消えろ」
「前々からクズだと思っていたがとうとう警察の厄介になったか」
などの声が集中しました。

実はデヴィ夫人が警察のご厄介になるのは今回が初めてでは
ありません。

1992年にセルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘の
顔をシャンパングラスで殴打し、傷害罪で逮捕されたことが
あります。

そういった気性の激しいところがあるので、今回もデヴィ夫人に
非難が集中したとみられます。

 

ところがここにきてその非難の声がTBSや被害女性に
向いてきています

いったい何があったのでしょう。

事件の真相が明るみになるにつれて、デヴィ夫人への
誤解が解けたようなのです。

最初はデヴィ夫人が暴言を吐かれたぐらいで
一般女性をビンタしたという事実だけしかわからなかったのですが、
どうやら事件の真相は次のようだったようです。

 

殴られた女性は収録前に番組スタッフから、
番組を盛り上げるために、嫌な女性を演じてほしい
と指示されたそうです。

そのことから「デヴィ夫人に失礼なことを言った」と
話しています。

 

このことがネットニュースなどで流れた途端、今度は
被害女性やTBSを非難する声が挙がってきています。
デヴィ夫人に対しては同情の声まで聞かれるようになりました。

「デヴィ夫人むしろ被害者だろ」
「被害女性はむしろ加害者じゃないのか」
「TBSのヤラセ、きちんと説明しろ」
「デヴィ夫人のほうがむしろ名誉棄損で訴えることができる」
「被害女性は一般人じゃなくてトラ(エキストラ)なんじゃないの」

などです。

上記の出来事がヤラセだったのかどうかははっきりしてませんが、
ヤラセだったとして、なぜ事前にデヴィ夫人に経緯を伝えて
おかなかったのかも疑問視されています。

 

これに対し当のTBS広報部は、
当事者間で起きた事案なのでコメントは控えたい。
外部制作の番組のため、どういう演出があったのかわからない
と、責任を放棄したコメントを発表しています。

このことがまたネット住民の怒りをかっています。

 

ただ、この収録に参加していたタレントの西川史子さんが、
ハピくるっ』でこの事件の状況を話しています。

「(平手打ちの後は)お葬式みたいな収録でしたよ」と語り、
ヤラセ演出については
「(一般の女性出演者の挑発が)番組の演出という感じじゃなかった
と、女性出演者の主張と異なるコメントをしています。

 

一向に真相がみえてこない事件ですが、一体この事件では
誰が一番悪かったのでしょう。

もちろん暴力をふるったデヴィ夫人にも非はあると思いますが、
そうさせるように指示したTBS側、それを実行し警察沙汰にした
女性には非はないのでしょうか?

 

事件直後からデヴィ夫人は海外にいたため、詳しいことが
わかりませんでしたが、今後警察が捜査をはじめることにより
詳細がわかってくると思います。

今後の動向が気になるところですね。

 

Sponsored Link

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 速ネタどっとこむ

速ネタどっとこむ TOP » エンタメ, 事件、事故 » デヴィ夫人の平手打ち事件は誰が悪い?夫人?女性?TBS?