富山第一が星陵下し初優勝!全国高校サッカー選手権大会! | 速ネタどっとこむ

富山第一が星陵下し初優勝!全国高校サッカー選手権大会!

Sponsored Link

102-koukous1第92回全国高校サッカー選手権

決勝が本日13日行われ、

富山の富山第一が石川の星陵を

3-2で下し初優勝を果たしました。

北陸勢同士の決勝は初めて

しかも北陸地区の高校の優勝も

はじめてでした。

 

 

2013年12月30日から行われていた第92回全国高校サッカー選手権の
決勝は富山県代表の富山第一高校と石川県代表の星陵高校の
初の北陸勢同士の対決となりました。
星陵は決勝まで失点0で勝ち進んできました。

攻めの富山第一、守りの星陵と言われていましたが、
序盤から富山第一ペースで進んでいました。

何度もシュートを打ちますが、キーパーのナイスセーブで
なかなか得点に結びつかない状態でした。

そんな中前半34分に星陵の原田亘選手がペナルティエリアで
富山第一の村上寛和選手に倒されPKを獲得。

主将の寺村介選手がPKを決めて先制点をあげました。

その後、後半の25分ごろ、星陵の仲谷将樹選手が上げたクロスに
森山泰希選手がヘディングで合わせてゴール!
追加点をあげ2-0とします。

 

しかしここから富山第一の反撃が始まります。

途中から出場していた高浪奨選手が後半41分ごろに
カウンターから得点につなげて、まずは1点を返します。

その後3分のアディショナルタイム(ロスタイム)に入りますが
その中で富山第一がPKを獲得!

大塚翔選手が同点のPKを決めて試合終了直前の土壇場に
試合を振り出しに戻しました。

結局そのまま後半が終わり試合は延長戦に突入します。

 

延長戦前半に星陵の藤田峻作選手がシュートしますが、
クロスバーを直撃してしまいゴールならず、そのまま
延長戦後半に入ります。

後半戦も残り一分となった時試合は動きました。
富山第一の村井和樹選手が右サイドのスローインから、
左足でダイレクトシュートを決め3-2と逆転に成功!

試合はPK戦に入るのでは?と予想してましたが、
延長後半終了1分前に決まったゴールが
結局決勝点となり富山第一が初優勝を決めました。

ちなみにどちらが勝っても初優勝でした。

102-koukous2

優勝を決め喜ぶ富山第一の選手たちです。

 

ちなみに富山第一のOBには元全日本で活躍した
柳沢敦選手がいます。

102-koukous3

 

一方、敗れた星陵のOBにはイタリア・セリエAで
本日ミランデビューした本田圭佑選手がいます。

102-koukous4

 

どちらの高校が優勝してもおかしくない、どちらも
サッカーでは一流の高校だったんですね。

 

ちなみに過去には2校両校優勝ということが7回ありました。
一番近年では平成8年の第74回大会で、
静岡代表の静岡学園と鹿児島代表の鹿児島実業が
2-2で決着がつかず両校優勝となっています。

 

約2週間かけて行われてきた全国高校サッカーも
本日今年度の優勝校が決まりました。

大変見ごたえのある良い試合だったと思います。

来年の大会も楽しみですね。

 

Sponsored Link

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 速ネタどっとこむ

速ネタどっとこむ TOP » スポーツ » 富山第一が星陵下し初優勝!全国高校サッカー選手権大会!