真矢みき「あきらめないで」を封印!旦那は?宝塚時代は? | 速ネタどっとこむ

真矢みき「あきらめないで」を封印!旦那は?宝塚時代は?

Sponsored Link

32-mayamiki1女優の真矢みきさん(49)が、

第7回アンチエイジング大賞』を受賞し、

13日、都内で行われた受賞席に出席しました。

この席で、過去に出演していた

悠香の茶のしずく石鹸のCMでの有名な台詞

あきらめないで」を振られましたが、

断ったといいます。何故でしょう。

 

 

この日真矢さんが出席したのは、
ポジティブに年齢を重ねている40代~60代の著名人に
贈られる『第7回アンチエイジング大賞』の授賞式。
ちなみに男性部門では俳優の岩城晃一さん(62)が
選ばれています。

この席で「あきらめないで」を振られた真矢さんでしたが、
「またそのフレーズですか」と苦笑い、
「いい言葉なのに言いたくても、みんな笑うから2、3年困っている」
と悩んでいる様子。

さらに、このCMで真矢さんが宣伝した石鹸で
重度のアレルギー被害を訴える人が続出したことから、
その方たちに配慮した形で、
「差支えがあるので・・・」と拒んだようです。

 

ここで真矢さんのプロフィールを紹介しますね。

 

プロフィール

 

真矢みき(本名 西島美季)
生年月日 1964年1月31日
出身地 広島県
血液型 O型

女優

舞台、テレビドラマ、映画、バラエティ、CM等で活躍。

 

宝塚時代

 

真矢さんは大地真央さんに憧れて、1979年に
宝塚音楽学校に入学します。

1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団。

同期には黒木瞳さん、涼風真世さん、毬藻えりさんなどがいます。

1981年に花組からデビューしますが、男役として個性的な
演技で瞬く間に人気者になります。

32-mayamiki3

1995年、安寿さんの退団により『エデンの東』で
花組トップスターに就任します。
その時の相手役が純名里沙さんだったそうです。

1998年に宝塚歌劇団を退団。その後女優などのタレント業に転身します。

 

結婚

 

真矢さんは2008年に入籍し、2009年4月に明治神宮で
挙式をあげています。

お相手は8歳年下のバレエダンサー西島千博さん。

32-mayamiki2

とても素敵な方ですね。

2人が出会ったきっかけは、舞台「スターダストin上海」で
共演したことのようです。

その後6年間友人関係でしたが、共通の友人の食事会で
偶然一緒になり、それがきっかけで交際に発展したそうです。

当時真矢さんは44歳で、そんなにラブラブ感はないと
自分で語っていますが、結構周りにはのろけていたそうです。

 

好感度

 

テレビドラマなどでの役柄の影響もあると思いますが、
真矢さんはあっさり、さっぱりした、一本筋が通ったような
しっかりした性格にみえますね。

そのため、数々のランキングで上位をかっさらっています。

2008年、「女性上司の理想像」でベスト5入り。
2009年、「女性が選ぶカッコイイ女性有名人」で1位。
2009年、「母親になってほしい女優」で2位。
2009年、「女性が選んだ『いい女』だと思う女性有名人」で2位。

などなどです。

 

きっぱりしていて、ブレないところが、女性からも男性からも
好かれる要因なのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 速ネタどっとこむ

速ネタどっとこむ TOP » エンタメ » 真矢みき「あきらめないで」を封印!旦那は?宝塚時代は?